連立一次方程式→一次変換→行列

作成者:
Bunryu Kamimura

連立一次方程式は一次変換

連立一次方程式は(x,y)を(u,v)に変える変換

次の連立一次方程式は、ベクトルをベクトルに変える行列A=()の変換と見ることができる。 |ax+by=u |cx+dy=v これは表現の問題だが、この表現がなかなか威力を発揮する。 (1) G=からH=を求めるのが青の点。 (2) 逆に、D=からE=を求めるのが赤の点。これは連立方程式の解なので、直線の交点E。 行列の数値はC,Bで変えることができる。 このアイディアは、森毅さんの本を見ていて成程と感心したもの。 これだと、連立方程式から行列へすぐに移行できる。 さらに、連立方程式を行列を使って解くことができる。

座標軸の変換

座標軸の変換

一次変換(連立一次方程式による変換)は ベクトル→ベクトルであり、つまるところ座標軸を変換するということ。 元のxy座標軸は右クリックでグリッドを消すことができる。