球面上の2点を結ぶ大円の投影

作成者:
tacticsrealize
トピック:
球面
点Aを中心とする円cは、球の輪郭である。 ここで、球面上の点C,Dが与えられたときの、これらを結ぶ直線を投影した楕円について考えたい。 この楕円は点C,Dおよび、それぞれの点Aの向かい側に存在する点C',D'、そして円周上に存在する点Wを通る。 点Wは、点C及びDのそれぞれを極と見なしたときの赤道となる楕円2つ(図のk,p)の交点より簡単に求めることができる。 また、球面上の点Cを極とみなしたときの赤道の投影となる楕円pは、 CE=AJから求めることができる。
・更に短い手数で求める方法を考えてみよう ・この方法が正しいかどうかを検証してみよう