ユークリッドの幾何学

作成者:
Bunryu Kamimura
これは、アレクサンドリアの図書館(ムセイオン)を中心とした学問に関わった人たちの業績を「ユークリッドの幾何学」と総称したものである。 ユークリッドの幾何学原論をベースに、アルキメデス、アポロニウス、エラトステネスなどが出た。 これを前期アレクサンドリア学派という。 メネラウス、ヘロン、パップス、ディオファントスは後期アレクサンドリア学派の人々である。 彼らの幾何学は宇宙を対象にしたスケールの大きなものであった。